背景画像

snails web

  • face book
  • twitter
  • blog
  • 掲示板

関東学生アメリカンフットボール共同宣言2018

私たちは、アメリカンフットボールというスポーツを、心から愛しています。
しかし今、そのフットボールが、かつてないほどの危機を迎えています。
テレビでは毎日のように衝撃的な映像が繰り返し流され、フットボールを「危険なスポーツ」どころか「野蛮なスポーツ」と感じられている方が増えてきています。
このような現状で、80年以上の歴史を持つ日本のフットボールが将来も存続し得るのか、私たちは極めて強い危機感を持っています。

大きな身体の選手たちが、ものすごいスピードで身体をぶつけ合うことは、フットボールの魅力のひとつですが、ときには大きなけがに見舞われる選手もいます。
しかし、けがをする可能性があるからこそ、試合を行う上では、対戦相手へのリスペクトや最高のスポーツマンシップ、フェアプレー精神を持つことが大前提となります。
こうした精神は、人間として生来備わっているものに加え、日々の練習によってより高次のものを身に付けていく必要があり、 フットボールに関わるすべての者がより高いレベルの精神を備えることができるよう、謙虚に取り組んでいく所存です。
そして、けがをする可能性があるからこそ、私たちは、脳震盪や熱中症などによる重篤な事故が起こらないよう、安全なタックルの仕方や最新知識の習得など、 安全対策を何よりも優先するよう心掛けています。

フットボールは、学生スポーツの目的のひとつである「学生の成長」に適したスポーツです。
学生たちがフットボールから学ぶことは多く、さまざまな点で、非常に高い水準にあることが求められます。
規律や自制心、心身ともに自らの限界を超えていくこと、研究熱心であること、仲間と支え合って高みを目指すこと。
自らの役割を全うするだけでなく、チームや仲間を優先する自己犠牲の精神も学びます。
対戦相手との健全なライバル心や、チームの枠を超えた友情も育まれ、人格そのものが磨かれていきます。
私たち自身、決して机の上だけでは学べないようなことを、フットボールから学んできました。
多種多様な局面に遭遇するフットボールは、まさに人生の縮図であり、間違いなく人生を豊かにしてくれるものだと言えます。

公式規則にある「フットボール綱領(The Football Code)」の前文には、以下の通り記されています。

「伝統的に、フットボールは教育活動の重要な一環を担っている。
フットボールは激しく、力に満ちた、身体をぶつけ合うスポーツである。
それゆえ、プレーヤー、コーチ、その他の試合関係者に対しては、最高のスポーツマンシップと行動が要求される。
不正な戦術、スポーツマンらしからぬ行為、故意に相手を傷つけることは絶対に許されない」

フットボールに関わるすべての者は今一度、ここで述べられていることを胸に深く刻み込み、フットボールに向き合うべきだと考えています。
私たちは、フットボールという素晴らしいスポーツ、そして私たちが心から愛するスポーツに対して、今後も真摯な姿勢で取り組んでいくことを、 志を同じくする関東学生アメリカンフットボールの仲間とともに、あらためてここに宣言します。

2018年5月21日

早稲田大学監督        高岡 勝
法政大学監督         有澤 玄
中央大学ヘッドコーチ     蓬田 和平
立教大学監督         中村 剛喜
慶應義塾大学監督       久保田 雅一郎
明治大学監督         岩崎 恭之
日本体育大学監督       大山 茂
横浜国立大学ヘッドコーチ   田島 聡嗣
桜美林大学監督        関口 順久
国士舘大学監督        大野 敦司
東京大学監督         三沢 英生
東京大学ヘッドコーチ     森 清之
東海大学監督         中須賀 陽介
駒澤大学監督         新倉 晴彦
東京学芸大学監督       山田 豊
専修大学監督         渡辺 卓史

関東学生アメリカンフットボール1部リーグ監督会声明文

私たち、関東学生アメリカンフットボール1部リーグ監督会は、一般社団法人関東学生アメリカンフットボール連盟と協働して 「学生の成長」と「フットボールの発展」を推進していくため、建設的な意見を出し合うことを目的として、今年2月に発足しました。
これまで、主に安全対策や日本大学アメリカンフットボール部の問題について議論してきましたが、2018年シーズンも佳境を迎えるにあたり、 今一度監督会の原点に立ち返り、監督会としての姿勢をあらためて表明いたします。

私たちは、学生フットボール本来の目的である「学生の成長」と「フットボールの発展」を実現するには、連盟と監督会の双方が私心を捨てて、一致団結する必要があると考えます。
私たち監督会メンバーの大半が学生だった時代は、東西大学オールスター戦である「西宮ボウル」や米国アイビーリーグ選抜チームを招いた「アイビーボウル」など、 国内外のチームや選手との交流があり、手としても人間としても大きく成長する機会となりました。
さらには、米国大学オールスター戦の「ジャパンボウル」やNFLプレシーズンゲームである「アメリカンボウル」など、本場のフットボールを体感できる興行がいくつもありました。
そのような環境をつくり、私たちに体験させてくれたのは、まさに「私心を捨てて」フットボールの発展に力を注いだ当時の大人たちでした。
今の私たちに、そのようなことができるのでしょうか。
そして、今の学生たちに、そのような体験させてあげられているのでしょうか。
自戒の念を込めて言うと、今の学生たちは物質的に恵まれ、得られる情報も飛躍的に増えてはいますが、 一昔前と比べて、さらなる成長の機会が与えられているかといえば、決してそうとは言えない現状があります。

当時と比べ、米国の学生アスリートを取り巻く環境は、各段に進化してきました。
米国の大学は、単に競技力にとどまらず、安全や学業、学校のブランド力向上、そして興行など、さまざまな面で目覚ましい発展を遂げています。
この米国を目標とし、少しずつでも追い付いていくには、関係者一同の不断の努力が欠かせません。
そのためには、連盟と監督会の皆で広く、かつオープンに議論し、関東学生アメリカンフットボールを民主的に運営していくことが重要だと考えます。
手前味噌ではありますが、監督会はここ8か月余りの議論で、そのような土壌ができつつあると自負しています。

連盟と監督会は、情報を共有して自由闊達な議論を展開していくことによってコンセンサスを醸成し、 大きな目的である「学生の成長」と「フットボールの発展」に向けて適材適所の人材配置や時代に合わせた柔軟な対応を取っていきたいと考えています。
私たちは二つの大きな目的のために、これまで以上に連盟と力を合わせ、新しいことにも果敢に挑戦していく意気込みです。

日本のスポーツ界では現在、さまざまな問題が噴出しています。
さしたる根拠のない旧態依然とした「伝統」や、自由にモノを言うことができないパワーハラスメントのような上意下達の雰囲気、あるいは独善的な指導者や協会関係者の存在。
フットボール界においても、日本大学の守備選手による危険なタックルに端を発し、大学のガバナンスまで問われることになった一連の問題がありました。
監督会としては、先進的なスポーツであるアメリカンフットボールが、これらの問題をいち早く解決するとともに、フットボール界自らが発展的な改革をしていく必要があると考えています。
監督会には、9月に日本大学アメリカンフットボール部の監督に就任した橋詰功氏が新たに加わりました。
私たち従来の監督会メンバーも、再建に向けて歩み始めた日大に対して、できる限りの協力をしていくつもりです。

関東学生フットボールを民主的に、そして透明性の高い運営をするために、肖像権や放映権、興行権、商標権などの各種権利を整理していくことも必要です。
同時に、権利と引き換えに果たすべき義務は何か、連盟と監督会で議論し、特に学生アスリートの権利を守るよう努めていきます。
さらには、アメリカンフットボールが学生スポーツの健全な発展をけん引し、日本のスポーツ界の改革の先駆けとなるよう、尽力していく所存です。

2018年10月29日

関東学生アメリカンフットボール1部リーグ監督会指導者一同

早稲田大学 監督 高岡 勝
法政大学 監督 有澤 玄
中央大学 ヘッドコーチ 蓬田 和平
立教大学 監督 中村 剛喜
慶應義塾大学 監督 久保田 雅一郎
明治大学 監督 岩崎 恭之
日本体育大学 監督 大山 茂
横浜国立大学 ヘッドコーチ 田島 聡嗣
桜美林大学 監督 関口 順久
国士舘大学 監督 大野 敦司
東京大学 監督 三沢 英生
東京大学 ヘッドコーチ 森 清之
東海大学 監督 中須賀 陽介
駒澤大学 監督 新倉 晴彦
専修大学 監督 渡辺 卓史
東京学芸大学 監督 山田 豊
日本大学 監督 橋詰 功
以上、16校17人

Facebook

snails blog banner 紫陽会 banner サシイレbanner